当グループについて

概要

サンシティグループ(太陽城集団)は2007年に創設し、エンターテインメント業界での高い評価を築きながら多角的なコングロマリットへと発展してまいりました。当グループでは、マカオでの継続的な貢献に加え、マニラ、ホイアン、ウラジオストクという主要都市において、グローバルホテルや統合型リゾートの開発・運営を中核事業として拡大させ、アジアでのプレゼンスを高めております。 「多元的に革新し、積極的に挑戦する(Innovating With Diversity, Striving For Success)」の精神に基づき、サンシティグループは努力を惜しむことなくハイエンドなエンターテインメントや関連する一連のサービスを追求してきました。現在、当グループはエンターテインメント、飲食サービス、グローバルツーリズム、ラグジュアリーショッピングなどを網羅したワンストップのプラットフォームとして多様なサービスを提供しております。 マカオで創業、発展してきた企業として、サンシティグループは次なる国際舞台の高みに向けて注力していく所存です。当グループは将来的に、世界各国での事業を多角化し、より幅広いレジャーとエンターテインメントを提供してまいります。

CEOからのメッセージ

「当社は、次々と現れる課題に直面しながらも、楽観的な姿勢を維持し、優れた経営を続けることにより、より良い未来に向けて前進しています」

冷静さと注意深い姿勢 - 課題に直面しても成功を納める秘訣

創立13周年を迎えるサンシティグループ(太陽城集団)は、アジア有数のエンタテインメント企業集団に成長しています。2019年は国内外で、経済的に課題の多い年でした。こういった状況にもかかわらず、今のところはうまく乗り越えてきています。この驚くべき成功は、ここ数年間に当社が打ち立ててきた強力な基盤があってこそ可能になるものです。 2019年にサンシティグループは、「2019年G2Eアジア・アワード・セレモニー・アンド・ガラ・ディナー」で「ベストVIPサービス」を獲得するなど、数多くの賞を受賞しました。また、新たに2つのサンシティクラブが、「7つ星サービス認証」を獲得するとともに、サンフード・アンド・ビバレッジ・グループ・リミテッドはISO9001およびHACCP認証を取得しました。「一流を目指して進む」という目標を念頭に、当社はさらに歩みを進め、より高いレベルを達成していきます。

一流を目指して進む - カスタマイズされたエンタテインメント経験の最適化

ビジネスの拡大とともに、サンシティグループは現行の会員制度を刷新した「サン・シュープリーム・クラブ」を発足させました。より多くの新しいお客様をお迎えすることにより、グループの利益拡大を目指し、今回のグレードアップではサンシティの資源を全面的に活用して、お客様により優れた一流の経験を提供します。 サンシティグループの子会社であるサントラベルはモバイルアプリを開発し、交通機関の予約からカスタマイズされた旅程の準備まで、全てを網羅した旅行サービスを提供します。さらにサントラベルは、来年にはこれまで以上にユニークな観光商品を開発し、お客様にユニークな旅行経験を提供する予定です。

世界に向けた展開 - サンシティグループの世界規模での拡大

サンシティグループはその設立以来、「革新を通じた成功と優れた経営」という哲学を掲げてきました。昨年はロシアやフィリピンといった国にも事業を拡大してきましたが、これを足場に海外でのホテルやリゾートなど、様々な市場セクターへの参入を予定しています。その1つが、ベトナムのホイアナ(HOIANA)です。2020年開業予定のホイアナでは、東南アジア最高のエンタテインメント・ハブを作り出すことを目指しています。 さらに、サンフード・アンド・ビバレッジはグローバル市場でのプレゼンス拡大を積極的に開始し、来年はさらなる拡大を計画しています。当地の味をサンフード・アンド・ビバレッジの食のアート創作に組み入れることで、ユニークな食文化と経験を作り出すことを目指しています。こういった事業展開により、サンシティグループはそのプレゼンスと影響力をさらに世界規模で強化し、世界有数のエンタテインメン企業集団に成長していきます。

ルーツへの回帰 ー マカオ発展への注力

マカオはサンシティグループの故郷であり、出発点です。当社は引き続き、「一帯一路」や粤港澳大湾区発展計画いった国家の方針のみならず、マカオ特別行政区政府の政策にも沿った業務を進めていきます。地域社会に対しては、当社の資源を社会的責任や地域社会の支援、そしてより調和の取れた社会の建設に向けて投入していく予定です。 またサンシティグループは、地域のスポーツや文化の分野でも支援を続けていきます。昨年は、サンシティグループが冠スポンサーを務める「マカオ・グランプリ」が6年連続で開催され、マカオに多大な活力をもたらすとともに、サンシティグループのグローバル・イメージもさらに向上しました。 この場を借りて、サンシティグループのすべてのスタッフのここ数年間のご努力に深く感謝の意を表します。2020年も共に働くことにより当社の目標を実現し、サンシティの伝説に新たなページを刻もうではありませんか。

アルビン・チャウ(周焯華)

サンシティグループ最高経営責任者及び取締役